« 2013/12/27 永代供養墓に安置される聖観音像が岩手県住田町「五葉舎」よりお迎えすることが出来ました | トップページ | 2014/01/28~29 成田山新勝寺ご本堂にて大護摩供御修業前に御法話をする機会をいただきました »

2013/12/28 に岩手県気仙地域の新聞である「東海新報」誌上に、「五葉山からの贈り物―それぞれのいきるかたち―」に住職の気仙三十三観音霊場「一日徒歩巡礼」に関連する記事が掲載されました

14022701  『それぞれの生きるかたち』~気仙三十三観音巡礼の勧め~                    東京都台東区 福田亮雄
 「ひとさじの会」では、この十月、気仙のみなさんに気仙三十三観音霊場をもっと知っていただこうと、住田 町の世田米から上有住までの五つの霊場を巡る「一日徒歩巡礼」を行いました。総勢28名。五葉山などの稜線に点在する紅葉を望みながら、おしゃべりを楽し みながら、柔らかな紐帯を感じつつ、ひがな一日を過ごしました。
四国遍路を歩いて巡ったときのことです。夕方までにあと一カ寺、少しでも先にとつい無理をしていました。御 朱印を頂いてもドライヤーの温風で乾かし早く出発、とあせります。私たちは、子どもの頃から効率的に多くの仕事をこなすことがよいと教えられてきました。 日常生活も自らノルマを設定し、それをこなそうと頑張ってしまいます。遍路に来ても同様。何かに追われるように一つの寺を終えたらまた次の寺へ。道中、徳 島から徹夜で50キロ歩いてきたと誇らしそうに話す青年と会ったことがあります。
 ある日、日向ぼっこをしていたおばあさんに道を尋ねると、「この道は、昔の街道でナ。今は人もよう通らん が、祭りの晩は提灯の明かりが一晩中絶えなかったんもんだ。まあ、ボチボチおやんなさい」とお話くださいました。遍路道には接待所がここそこにあり、お茶 やみかん、イチゴなどを頂くことがあります。そこでは、「最近のお遍路さんは、休んで行きなさい言うても、先を急いでいますからとありがとうも言わんうち にスーッと通り過ぎていく。お遍路は三返回ったから三倍御陰が頂けるんじゃない。道端のお地蔵さんにお参りしたり、地の人と話をしたり、そういうことが大 切なこと。急ぐという事は死に急ぐということ」。とても良いお話しを伺いました。
 「御陰を頂く」とはよい響きを持った言葉ですよね。「御利益」という言葉はなんかナマナマしい。「御陰」 は「おかげさま」の「おかげ」と同じです。温かな陽差しもおかげさま、やさしい声を掛けていただくのもおかげさま、こうして歩けるのもおかげさま…。日常からちょっと離れたときに、たくさんの「御陰」を頂いていることに気付きました。
 
「ボチボチ」歩きながら、たくさんの「御陰を頂こう」と考えが切り替わったとき、心がスッと楽になりまし た。それからは、道端で農協の裏話を小一時間聞いたこともあります。民宿のおばさんと都会と田舎の暮らし方の違いについて語り合ったこともあります。今日はここでと身も楽になりました。
巡礼とは、観音さまと出会う場であると同時に、亡くなった方々とのご縁を結び直す場でもあります。新たな出 会いをもたらしてもくれるでしょうし、普段は目を背けてきた自分自身と向き合わせてくれることもあるでしょう。「ボチボチ」のんびりといろんなことを考え ながらお参りをすると、きっとたくさんの「御陰を頂く」ことができますよ。お知り合いと連れだって「気仙三十三観音」の巡礼に出かけてみませんか。
私たちも気仙の観音さまから、気仙のみなさまからたくさんの「御陰」を頂戴しました。今度地元の高校生と「気仙三十三観音霊場徒歩巡礼」を行う予定です。町で見かけたら是非一声かけて下さい。

« 2013/12/27 永代供養墓に安置される聖観音像が岩手県住田町「五葉舎」よりお迎えすることが出来ました | トップページ | 2014/01/28~29 成田山新勝寺ご本堂にて大護摩供御修業前に御法話をする機会をいただきました »

2013年」カテゴリの記事

トラックバック

« 2013/12/27 永代供養墓に安置される聖観音像が岩手県住田町「五葉舎」よりお迎えすることが出来ました | トップページ | 2014/01/28~29 成田山新勝寺ご本堂にて大護摩供御修業前に御法話をする機会をいただきました »