« 2013/04/27より05/19まで、両国・回向院さまにおいて「東日本大震災復幸支縁 善光寺出開帳 両国回向院」が実施されます | トップページ | 2013/02/09「成就院 手前味噌の会」を行いました。 »

2013/01/23「東日本大震災復幸支縁 善光寺出開帳 両国回向院」に本堂前立てられる「回向柱斧入れ式」に参加してきました

 「回向柱」は、回向院さまのご本堂の前に立てられ、ご本尊の御手に結ばれた金糸と結びつけられ、柱に触れる人々にご本尊の御慈悲をお伝えくださるというものです。この度は、気仙杉が使われることになりました。「回向柱斧入れ式」に私も参加させていただきました。

 陸前高田市気仙町内の会場に着くと、注連縄を廻らした杉二本の近くに机にお花やお供物がしつらえてありま した。40人くらいの参列者でした。御法楽の後、映画「先祖になる」に登場する佐藤直志さん、善光寺・若麻績事務総長らが「エイ、エイ」のかけ声で杉に斧 を入れます。樹齢120年程度の太い杉です。「南無大聖不動明王」と墨書されている白衣を身にまとった直志じいちゃんが、まず木の幹の倒す方の面をチェン ソーでえぐり取り、そして数メートル離れ、伸びたりかがんだりしながら木の倒れる方向を確認し、またちょっと木を削って方向を是正し、幹の向こう側から グッとチェンソーをいれ、最後は割れ目にくさびを打ち込みます。「カーン、カーン」と甲高い音がすると「ミリ、ミリ」と音がし、「カーン」という音と共に 弧を描いて木が倒れていきます。「ズズーン」という音と共に地響きがはらわたに伝わります。生きている木の生命をいただくという感覚を身体で感じ取る瞬間 でありました。最後に、切り株に塩と酒を撒くと、柏手を3回打ちます。山の神に感謝すると同時に、山に新たな木を植え命をつないでいくことをお伝えするの だといいます。敬虔な思いを抱いた式でした。多くの方に足を運んでいただきたいと思います。

« 2013/04/27より05/19まで、両国・回向院さまにおいて「東日本大震災復幸支縁 善光寺出開帳 両国回向院」が実施されます | トップページ | 2013/02/09「成就院 手前味噌の会」を行いました。 »

2013年」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602485/62838009

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/01/23「東日本大震災復幸支縁 善光寺出開帳 両国回向院」に本堂前立てられる「回向柱斧入れ式」に参加してきました:

« 2013/04/27より05/19まで、両国・回向院さまにおいて「東日本大震災復幸支縁 善光寺出開帳 両国回向院」が実施されます | トップページ | 2013/02/09「成就院 手前味噌の会」を行いました。 »