« 「称観堂」 いちおう完成 | トップページ | やすらぎ修行会の参加費等82,000円を寄付いたしました »

2014/03/22 春彼岸会「称観堂」落慶法要を行いました

103_r   3月22日13時より「称観堂」落慶法要を行いました。150名を超える檀家の方々にご参加いただき本堂はぎっしり、ありがたかったです。
  今回は、二部構成。第一部は、長老と読経をした後、勤行式をお唱えし、ご先祖のご供養を行いました。第二部 では落慶法要。称観堂建設のプロジェクトに関わっていただいた来賓の方々にご挨拶を頂きました。まず仏師の佐々木公一さん。仏像とは、礼拝する方が思いを捧げる対象でり、仏さまを経由して自らの思いが立ち戻ってくるもの、よって、制作者の思いを極力廃し、「いいものを作る」というその一点のみ考えて仏さまを彫っているとのお話をされました。施工会社の川本商店の森口さんは、お参りする方の祈りをどのように表現するかということを考え、永代供養墓の施工を行っているとのことでした。佐々木さんとは逆の考えでおもしろかったです。設計の押尾さんは、祈りとは何らかの所作を伴うことで深まっていくのではないか、その工夫が今回の八の字に歩きながらお参りするということになったというお話でした。その後、称観堂に向かってもう一度勤行式をお唱えし法要終了。みなさん、本堂、書院などで近くの方々と懇親を深めていらっしゃいました。

« 「称観堂」 いちおう完成 | トップページ | やすらぎ修行会の参加費等82,000円を寄付いたしました »

2014年」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602485/62845014

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/03/22 春彼岸会「称観堂」落慶法要を行いました:

« 「称観堂」 いちおう完成 | トップページ | やすらぎ修行会の参加費等82,000円を寄付いたしました »