« 2013/04/27~05/19まで、両国・回向院さまにおいて「東日本大震災復幸支縁 善光寺出開帳 両国回向院」が実施されます | トップページ | 陸前高田市高田松原の被災松で聖観音さまを建立する計画が始動しました »

「東日本大震災復幸支縁 善光寺出開帳 両国回向院」が終了しました

2013年4月27日より5月19日まで、両国・回向院さまにおいて「東日本大震災復幸支縁 善光寺出開帳 両国回向院」が実施され、3万人を超える多くの方にお参りいただいきました。
 私が参加するひとさじの会のご縁で、がれきの中から発見された、金剛寺ご本尊如意輪観音さま(秘仏)、要害観音堂聖観音さまを、「善光寺出開帳」にお迎えすることができました。

回向院さまの新築された念仏堂の二階の広間に気仙にまつわる仏さま―被災地に安置する一光三尊像7体、高田 松原の被災松で建立された善光寺と陸前高田市普門寺の親子地蔵、要害観音堂聖観音、金剛寺如意輪観音―が安置されました。畳みの大広間であるため、靴を脱 いで、間近に仏さまを拝することが出来ます。幾たびか、ひとさじのメンバーと部屋の脇でお念仏を申しましたが、皆さん、説明文を良く読み、仏さまを熟視さ れた後、固く目を閉じ手を合わされた方をよく見かけられました。またある方は、畳にぬかずき礼拝されており、またある方は、涙を流しながら拝んでいらっ しゃいました。いちように「よく泥の中から現れて下さった」とおっしゃっていました。

私は、一度両国駅前の長屋ストリートで行われていた陸前高田の物産販売のボランティアに行きました。そのボ ランティア活動の中で、陸前高田市の要害の出身だという森さんと知り合いました。実家は要害観音堂の数百メートル先。要害観音堂別当の方は小学校の2つ先 輩だといいます。一緒に出開帳に行き、要害の観音さまを拝した。対面した瞬間からとめどもなく涙があふれ「よく一月後に観音様が出てきてくれた。小学校の 頃は観音堂でかくれんぼをして遊んでいたけれど、上の方にあった観音様はみたこともなかった。故郷は津波にあい、子どもの頃見ていた多くの風景を無くして しまったから、観音さまが見つかったことは本当にうれしい」、身体を硬くして至心に祈りを捧げられていました。その姿を横で見て、お話しを伺って、善光寺 出開帳と気仙の仏さまとのご縁を結ぶことが出来て良かったとしみじみ思いました。

 何万という方の思いが観音様に捧げられ、そのあまたの思いを抱え持って、観音様が気仙にお帰りになられました。そう考えると、心がうちふるえます。

 私の二度のお話の際は両日とも130名を超える方聴聞してくれました。ありがたいことです。ぜひ、気仙に足を運び、その風景を見、風の音を聞き、地元の方々とお話をし、被災地の今を実感していただきたいと思います。

« 2013/04/27~05/19まで、両国・回向院さまにおいて「東日本大震災復幸支縁 善光寺出開帳 両国回向院」が実施されます | トップページ | 陸前高田市高田松原の被災松で聖観音さまを建立する計画が始動しました »

2013年」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602485/62838374

この記事へのトラックバック一覧です: 「東日本大震災復幸支縁 善光寺出開帳 両国回向院」が終了しました:

« 2013/04/27~05/19まで、両国・回向院さまにおいて「東日本大震災復幸支縁 善光寺出開帳 両国回向院」が実施されます | トップページ | 陸前高田市高田松原の被災松で聖観音さまを建立する計画が始動しました »