« 2015/12/10 『源氏物語』を読む会を行いました。 | トップページ | 2015/12/14 クラブツーリズム主催「都内お遍路ウォーク」に協力いたしました。 »

2015/12/12 クラブツーリズムこころの旅講演会で「お遍路のこころ」と題する講話をしてきました。

  12月12日 クラブツーリズムこころの旅講演会で「お遍路のこころ」と題する講話をしてきました。来年は閏年です。閏年は四国霊場「逆打ち」を行う年だそうです。

   昔、伊予の国に衛門三郎という長者が住んでいました。彼は強欲で、托鉢僧が来ても追い払ってしまいます。その中に弘法大師がやってきましたが、それと知らず箒で追い払ってしまう。大師の持っていた鉄鉢が打ち割られてしまったといいます。
   その翌日から衛門三郎の子供たちが一人一人亡くなっていってしまう。八日で八人。
衛門三郎は大師に許しを請おうと四国を歩き始めますが、なかなかお会いすることが出来ません。21回目に逆に歩けば出会うかも知れないと思い歩き始めます。焼山寺近くで意識が遠のいていく中、弘法大師が現れ、衛門三郎は成仏したといいます。

  逆打ちをすると弘法大師とお会いでき、ご功徳がたくさん頂戴できるといわれます。

   今回、クラブツーリズムの方から講師のお話しを頂き、これから御四国をお参りしようという方に遍路の中で感じたこと、学んだことをお伝えできればとお受けいたしました。私は、25年ほど前に四国を歩いてお参りし、5年前退職旅行として、4月初めに6日間ほど徳島を女房と歩きました。いろいろ学ばせていただいた光輝く時間でした。

   15名の参加がありましたが、なんと半数以上が遍路経験者でした。ぜひお参り頂き「お陰」をたくさん頂いてほしいと思いました。

« 2015/12/10 『源氏物語』を読む会を行いました。 | トップページ | 2015/12/14 クラブツーリズム主催「都内お遍路ウォーク」に協力いたしました。 »

2015年」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602485/62988165

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/12/12 クラブツーリズムこころの旅講演会で「お遍路のこころ」と題する講話をしてきました。:

« 2015/12/10 『源氏物語』を読む会を行いました。 | トップページ | 2015/12/14 クラブツーリズム主催「都内お遍路ウォーク」に協力いたしました。 »