« 2015/12/14 高体連登山部「体罰防止講習会」の講師を勤めてきました。 | トップページ | 2015/12/25 阿弥陀来迎図が届けられました »

2015/12/19~12/20 「陸前高田観光ガイド・震災の語り部研修会」の講師を勤めてきました。翌日「サンタが町にやってきた」てせお坊サンタとして参加してきました。

12月19日20日 「陸前高田観光ガイド・震災の語り部研修会」の講師を勤めてきました。翌日「サンタが町にやってきた」てせお坊サンタとして参加してきました。

 秋の行事の時、陸前Dsc_0028_r高田観光物産協会の大坂さんから、今度来るとき、会の活動についてちょこっと話してくださいと依頼されました。軽い気持ちでお受けしましたが、後日送付されてきた要項には「陸前高田観光ガイド・震災の語り部研修会」と記されていました。地元のガイドさんたちに気仙の話をするなどはなはだ僭越ですが、私どもの活動の内容を、地元で活躍されている方々に直接お伝えできる機会をいただいたことはとてもありがたいこと。今まで積み重ねてきたことをできるだけ正確に簡潔にお話ししようと、スライドを作り気仙へと出発しました。

 参加者は16名。みなさんに向き合い、気仙に足を運ぶようになった経緯や仮設住宅の集会所での活動について、気仙三十三観音との出会い、そして展開してきた活動について、合わせて活動の中で見知った気仙三十三観音霊場にまつわるニュースとして、①小松峠の観音様について、②稲子沢家観音堂再建について、③立山観音堂再建について、④坂口観音堂再建について、スライドを写しながらお話ししました。

 驚いたのが、なんといっても視聴率の高さ。普段の大学の授業よりグッと顔を向けてくれたのでノリノリで90分お話しすることが出来ました。とても楽しかった。

 翌日は、サンマチに参加しました。津波で直接的な被害を受けた子も、そうでないDsc_0037_r 子も皆、今なお不自由な学校生活を送っている。地元大船渡の大人たちが子供たちに何かできないか、そんな思いから「子供たちに笑顔を届ける冬の風物詩」を合い言葉に「サンタが町にやってきた」という企画が始まりました。サンタさんが町に繰り出し、公民館などで子供たちと遊び、お菓子をプレゼントする。地元大船渡だけでなく、東京からも多くの方が参加しました。子供たちの笑顔、お父さんお母さんの笑顔、サンタさんも笑顔、今年3回を数え、しっかり定着してきたと感じます。 

 「祈りの道」再興プロジェクトがいつもご支援・ご協力いただいているミキ店長が、昨年よりサンマチ実行委員長に就任。きっと一年を通して、様々な機会を捉えて若い方々と交流し、新たなスタッフを開拓してきたのでしょう。そして、会議を幾度も重ね、実施計画の策定、人員の配置などなどきめ細かく行い、いよいよ本番の日を迎えました。その実行力に頭の下がる思いです。

Dsc_0041_r  私たちは、吉浜コース。早稲田の学生サンタたちと一日を過ごしました。公民館で子供たちと、バルーンを使い遊んでだんだん子供どうしでサンタさんも巻き込まれて走り回りじゃれ合っていました。汗をかきながら楽しく遊んでいました。

来年も参加したいと思っています。

« 2015/12/14 高体連登山部「体罰防止講習会」の講師を勤めてきました。 | トップページ | 2015/12/25 阿弥陀来迎図が届けられました »

2015年」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602485/62988555

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/12/19~12/20 「陸前高田観光ガイド・震災の語り部研修会」の講師を勤めてきました。翌日「サンタが町にやってきた」てせお坊サンタとして参加してきました。:

« 2015/12/14 高体連登山部「体罰防止講習会」の講師を勤めてきました。 | トップページ | 2015/12/25 阿弥陀来迎図が届けられました »