« 2016/1/17、成就院団参「高野山と根来寺を巡る旅」反省会を行いました。 | トップページ | 2016/2/8 大船渡市が長野市に表敬訪問をする会に何故か参加してきました。 »

2016/2/4、第11回「源氏物語を読む会」を成就院書院で行いました。

「源氏物語を読む会」も、もう11回を数えます。紫の上の生涯を追うという形で読み進めています。参加者は少なく7人でした。

あの雀の子を追いかけていた少女も、この回は、光源氏との「新枕」。いままで父とも兄とも信頼していた光源氏が、突然豹変するわけですから、驚いてしまい、それから顔を合わせようとしません。

でも考えてみれば、身寄りがないに等しい女の子が見ず知らずの人に引き取られて養育されるという特殊な状況である故すねるという行為があるわけで、高貴な姫君であるなら、家の栄華を背負って結婚するわけですから、紫の上のようにすねることなど無かったに違いありません。紫の上の

とはいえ、ずっと成長を見守ってきた私たちの視線からは可哀想な思いを抱いてしまいます。

次回は、結婚して三日目に食べる三日夜の餅と女性の成人式である裳着の部分を読み進めます。6月16日(木)6時半からです。参加費無料。どうぞお越し下さい。

« 2016/1/17、成就院団参「高野山と根来寺を巡る旅」反省会を行いました。 | トップページ | 2016/2/8 大船渡市が長野市に表敬訪問をする会に何故か参加してきました。 »

2016年」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602485/63476689

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/2/4、第11回「源氏物語を読む会」を成就院書院で行いました。:

« 2016/1/17、成就院団参「高野山と根来寺を巡る旅」反省会を行いました。 | トップページ | 2016/2/8 大船渡市が長野市に表敬訪問をする会に何故か参加してきました。 »