« 2016/2/4、第11回「源氏物語を読む会」を成就院書院で行いました。 | トップページ | 2016/3 前の通りから掘り起こされたお地蔵様が到来しました。 »

2016/2/8 大船渡市が長野市に表敬訪問をする会に何故か参加してきました。

この会が開催された経緯についてまず記しておきます。

大津波来襲後まだ電気が通っておらず蝋燭で暮らしていたある晩、大船渡市にお住まいの佐藤忠清さん宅に、姪子さんの紹介で訪ねてきたという僧侶が戸を叩きました。

 暗がりにぬっとたたずむ姿にさぞ驚いたことでしょう。その方が長野・善光寺の若麻績上人でした。納屋を片付けてお泊めし、食事の世話をすることにしたそうです。

 それから佐藤さん宅を拠点に、長野の僧侶の方々が続々と読経ボランティアに大船渡を訪れました。ご遺体が安置所に幾体も幾体も運び込まれ、なかなか丁寧にご供養いただけなかったそうです。佐藤さんは、そんなとき長野のお坊さんたちに読経いただけたことは本当に有り難かったとおっしゃいました。

 その後、佐藤さんがお出しした大船渡のサンマのうまさに感激した若麻績上人らが、地元長野に働きかけ「大船渡サンマ祭り」が開催される運びとなりました。「今まで食べたサンマは何だったのか」というほどの衝撃だったといいます。「サンマ祭」には大勢の人が訪れたそうです。

さらに話は進み、全国展開する長野県の水産会社と大船渡とが提携し、販路を広げ経済交流につなげようというところまで話が進びました。

その「お見合い」が長野市権堂の料亭にて開かれたのです。市長を初め、市議会議員、市役所、観光協会など両市のお歴々ならびに長野フリースタイルなお坊さんの会のみなさんが料亭の一室に顔を合わせました。

 長野県の古田上人から我々にもお声がかかりました。大船渡で活動をしているのなら、大船渡の皆様と御縁を結ぶのに良い機会なので気軽にどうぞ、とのこと。事情もよく知らず吉水さんと二人で参加しました。席にて大船渡の多くの方々お近づきになり、「祈りの道」再興プロジェクトについての説明や意見交換を行うことが出来ました。気仙地域における観音様の大切さを再確認していただけたのではと思う。私どももよい「お見合い」が出来た。

このときにお知り合いになった方々は、3月に行われた「気仙三十三観音徒歩巡礼」にも参加いただきました。

« 2016/2/4、第11回「源氏物語を読む会」を成就院書院で行いました。 | トップページ | 2016/3 前の通りから掘り起こされたお地蔵様が到来しました。 »

2016年」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602485/63479342

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/2/8 大船渡市が長野市に表敬訪問をする会に何故か参加してきました。:

« 2016/2/4、第11回「源氏物語を読む会」を成就院書院で行いました。 | トップページ | 2016/3 前の通りから掘り起こされたお地蔵様が到来しました。 »