« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

寄付金(127,028円)についてのお礼とご報告

この度、やすらぎ修行会の参加費(80,173円)及び 源氏物語講座及び花まつり寄付金(46,855円) 計127,028円の浄財が集まりました。

 この浄財は、東日本大震災復興支援金として、「祈りの道」再興プロジェクトに67,028円

熊本地震復興支援金として、 ひとさじの会大分支部に30,000円、 (公)共生地域創造財団に30,000円 を寄付いたしました。ご協力いただいた方々、ありがとうございました。                          

成就院おすそわけ運動を行いました。

Img_2143_r 大施餓鬼会の際、「成就院おすそ分け運動」を行いました。
お米の寄付を募ったところ、「お供米」として80キロのお米と、10,600円の浄財が集まりました。

19日に浅草橋にある日本初のフードバンク「セカンド・ハーベスト・ジャパン」にお持ちしました。各所の炊き出しや児童養護施設、シングルマザーのお宅等にお配りされる手はずになっております。

檀家の皆様、ご協力ありがとうございました。

7月17日 大施餓鬼会を勤修いたしました

Img_2148_r 7月17日大施餓鬼会を勤修いたしました。
当日は、日曜日に当たったため、140名を越える檀家の方々にご参加いただきました。
本堂はいっぱいの人でした。涼しいお盆であったため本当に助かりました。

施餓鬼の御法話は、浄土宗総合研究所の研究員、ひとさじの会理事をお勤めの、工藤量導上人にお願いしました。工藤上人は浄土宗で発行した、エンデイングノート『縁の手帖』の編集に携わった方です。その成果の一端をお話しいただきました。

「終活」の一環としての「エンディングノート」作成。書店に行くと幾種類も並んでいます。世間に流通している「エンデイング」という語は、「終わり=死=ゼロ」というイメージで捉えられがちです。そうではなく、仏教の根をなす「縁起」をキーワードに、自らの今までとこれからを前向きに考える、そんな思いからこの「手帖」がつくられたそうです。

「今まで生きてきたのは自分の力だけだと思うな」という物言いを耳にしたことはありませんか。自らの結末もまた自分だけのものではありません。自分で全てを決めるというのも囚われです。

いつどのように訪れるかも分からない「死」に向きあい、周囲の方々との対話を通じて、互いに理解を深めていく。合わせて、来し方を振り返り忘れていた結びつきを思い起こし、もう一度縁を結び直す。『縁の手帖』を、単に自らの思いを書き付けるノートとしてでなく、自らの結末を「動態」としてとらえていくツールとして利用する。納得です。

「いま」を噛みしめしみじみ味わい、その「いま」を積み重ねていく大切さを改めて認識したお話しでした。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »