« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

9月17日 秋彼岸会を勤修いたしました

 9月17日、秋04_r彼岸会を勤修いたしました。

 今秋は、関東大震災の火災から逃れたお地蔵様を間近に拝んでいただきました。写真に写っている箱の右側には炎に焼かれた跡があります。ですから、もうひとつ箱を作り、その中にお地蔵様が祀られています。

 いつもご本尊の前にありますが、少し前まで、どんな仏さまがいらっしゃるのか知りませんでした。掃除の時に何かなと開けて、ビックリです。

 法話は住職が、「『般若心経』を物語として読む」という題でいつもお唱えしている『般若心経』の意味するところ、また日常生活の中でどう活かすかについてお話しいたしました。
 彼岸会終了後、軽食を取っていただき、みなさん懇談の後お帰りになりました。

 

やすらぎ修行会で使用する赤ローソクを御寄進いただきました。

やすらぎ修行会で使用する赤色の和蝋燭を、小笠原正仁さまより御寄進いただきました。

Img_2381_r
和蝋燭とは櫟の葉から蝋をとろそうでとても高価なものだと知りました。和紙で造られている芯は丈があり、炎が高く上がります。不思議なことに炎が突然揺れ出したり、丸く落ち着いたりと自在に動き出します。

また、炎に近い部分はシルエットが赤く浮かび上がります。また向かいの蝋燭に炎が反射し赤く光ります。

炎の不思議な動きを見て、お彼岸なので亡くなった人がやってきたのかしら、とみなさん感じ入っていました。

とても趣ある赤い和蝋燭、小笠原さんありがとうございました。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »