« 11月23日と12月17日 成就院手前味噌お披露目会を行いました | トップページ | 称観堂に賽銭箱のご寄付がありました。 »

12月8日 『源氏物語』を読む会を行いました。

今回も「須磨にはいとど心づくしの秋風に…」の続きの3回目でした。

須磨で暮らす源氏の一行は、はや半年が過ぎ、季節は秋になりました。ただでさえ物寂しい季節であるのに、都にいつ帰ることができるか分からないという心細い身の上。源氏というすばらしい方とともに過ごしているということを支えに、不安な心を隠しながら日々を過ごしています。

そんな中、源氏、良清、惟光らが歌を詠み交わします。これが源氏を中心に支え合っている様が、歌の内容から用語から見て取れる、というシーンでした。

源氏講義は話していると、知らぬうちに盛り上がってきます。テキストの力ですねー。

« 11月23日と12月17日 成就院手前味噌お披露目会を行いました | トップページ | 称観堂に賽銭箱のご寄付がありました。 »

2016年」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602485/64682245

この記事へのトラックバック一覧です: 12月8日 『源氏物語』を読む会を行いました。:

« 11月23日と12月17日 成就院手前味噌お披露目会を行いました | トップページ | 称観堂に賽銭箱のご寄付がありました。 »