« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

6月6日「じょうじゅいんモグモグ食堂」プレオープンです。

いよいよ、「じょうじゅいんモグモグ食堂」プレオープンです。

3月の春彼岸会で「6月に子ども食堂をオープンします」とみなさんにお話ししました。口に出したからには実行しなくてはならぬと、各所にお話しを伺いに出向きました。しかし、子どもの少ない地域ゆえ、なかなかイメージが固まりません。

近くにある障害のある子を放課後預かる社会福祉法人「結ふる」さんと繋がり、ようやくカタチが見えてきました。

そうなれば、あとは保健所でお話しを伺い、必要な物を購入し、手伝ってくれる方を募りました。トントン環境が整い、ようやくプレオープンにたどり着きました。

当日早々と檀家のユキママからオレンジジュースが届けられびっくり。心に掛Img_2771_rけていただきありがたかったです。

この日の献立は、煮込みハンバーグ、にんじんのグラッセ、コールスローサラダ、タマネギとわかめの味噌汁、フルーツでした。

3時になると、ひとさじの会マダム達、檀家の榊原さん、義母、妻の友人親子など8人が集合。ワイワイ話ながら手際よく調理をしてくれました。さすがです。

5時半には結フルの子たち5名、スタッフの方4名、友人親子8名、甥姪3人、その友達親子2名など。子ども12人、大人10人、スタッフ8名、計30名。
Img_2772_r
子どもたちは楽しみにしてくれていた様子。おやつを食べないでお代わりしてくれた子、いつもは食べないブロッコリーを食べた子、普段残してしまうのに完食した子、最後に小さい声で「楽しかった」と伝えてくれた子。初めは馴れないお寺に少々緊張気味でしたが、帰りはまた来るねとハイタッチをして帰っていきました。

終了後の感想は「楽しかった」という一言です。おばさんたちも子どもたちの笑顔にますますやる気を出していました。

会を重ねていけば、新たな課題も出てくるでしょうし、喜び楽しみも味わえると思います。「お寺を機能させる にはどうしたらよいのか」、これは「いいね」と思いました。



6月3日 山梨教区青年会主催「山梨百名山登拝行 大蔵経寺山」に参加しました。

6月3日 真言宗智山派 山梨教区青年会主催 「山梨百名山登拝行 大蔵経寺山」に参加しました。この登拝行も30回を重ねました。今回は石和にある「大蔵経寺山」が会場です。

6時半大蔵経寺集合。行基開基と伝えられる由緒正しいお寺です。近くの建設現場からは、平安時代の遺品が多数出土したそうです。後に山を背負い、すぐ前が川という恵まれた立地で、古より大くの人が住まい、信仰の中心として栄えた寺であったのでしょう。

境内で開会式を行い、山伏の法螺貝に背中を押されて出発です。境内から登山道が延びています。しばらく林道を登ります。昔は石切場だったそうで、今でも斜面には大きな石が見られます。ようやく山道にはいると、奥の院。ご神体はによっきり飛び出た石でした。

そこから尾根をうねうね上っては下りを繰り返します。天然林の明るい林です。急な登りにさしかかると「慚愧懺悔 六根清浄」という掛念仏が唱えられ、力をもらいます。

このルートは、地図を見てもはっきりと記されていないところ。先導されるがままに歩を進めました。眺めの良いところでは甲府の街が一望されます。

ひとつひとつの家がはっきりき見えてからなかなか下界に下りられない。足が重くなってきたところで、華光院にひよっこり飛び出しました。

第30回記念大会ということで、柴灯護摩が境内で行われました。普通は本堂内の護摩壇で行われる「護摩修行」を外で行うもの。大きな炎は不動明王の火炎に重ねられます。すごい迫力でした。参加者は皆、願い事を記し一日持ち歩いた「護摩木」を護摩の炎にくべていました。

大勢の方と法螺貝の音と祈りの声を響かせながら歩く「徒歩練行」。充実した一日でした。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »