« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

10月16日 寿地区つながり会議に出席しました

台東区社会福20171016_203047_r_2祉協議会主催の「寿地区つながり会議」に出席しました。この会議は、地域で「何かしたい」という思いのある人の情報交換の場として設定されました。

民生委員の方や自宅を開放して繋がりの場を設けている方、毎月地域の会館で会合を設けさまざまなイベントを行っている方など多彩な活動を行っている方ばかり。

会場をお貸しいただいた厳念寺さんは、寺の施設を無料で開放し、様々なイベントが行われているそうですし、生活哲学学会を主宰されている辰巳さんは、子どものお掃除や食事作りなどの企画をを行っているそうです。

地域の方々との御縁がつながりました。パワフルな方々との語らいは力が感染して元気になる気がします。

10月8日 陸前高田市金剛寺さま本堂落慶法要に出仕しました。

 東日本大震Img_2952_r災の際、気仙川を遡った津波が押し寄せ甚大な被害を受けた金剛寺。

壮麗な本堂、新築して一年半の綺麗な庫裡が津波の引き波でペしゃんと潰され、高台に残った気仙成田山不動堂で地域の方と避難生活を余儀なくされました。

がれきに埋め尽くされた境内の写真を拝見しましたが、その光景を目の当たりにしたご住職、寺庭、ご子息ご息女の悲痛なる思いはいかばかりであったか想像してもとても追いつきそうもありません。

 不動堂での避難生活を半年、その後は矢作の圓城寺さまでの生活。ご住職は、120人を超える檀家の方々のご葬儀を勤め、悲しみに暮れる方々を励まし、本堂再建へ向けて歩を進められました。

がれきの撤去、仏像・仏具の掘り出し・洗浄、裏の山を崩しての高台造成、寺所有の山の杉を切り本堂建立資材を調達し、自宅再建、それから本堂建立へ。こう記しても気の遠くなるような大事業です。

 10月8日。めでたく本堂が落慶し、大勢の参加者を得て盛大に法要が執り行われました。まことにおめでたいことです。金剛寺が、気仙の人々の心の拠り所として、輝きを増すようにこころから御祈念申し上げたいと思います。

10月3日 第5回モグモグ食堂オープン

10月3日第5回のモグモグ食堂オープンです。今回は子ども9人、おとな9人、スタッフ10名の参加でした。
Img_2924_r_2
メニューは、贅沢かに玉、むっちりシュウマイ、冬瓜とツナのさっぱり煮、大学芋、にんじんご飯、巨峰でした。

卵を檀家の村上さんから、サツマイモを「結ふる」の藤井さんから、冬瓜を丸山さんから、巨峰を檀家の鈴木さんからご寄付いただきました。ありがとうございます。

冬瓜の煮物など初めて食べる子がほとんどだと思いますが、完食続出。和食を結構食べてくれるようです。

「結ふる」のスタッフの方とお話ししました。「食堂も5回を重ねて、子どもたちはお寺になれて落ち着いてきました。落ち着きがなく動き回っていた子も、好きな本を取ってきてお行儀良く座って待っていたのに驚きました。ご飯を食べるとき散らかすのもだいぶ少なくなりましたね。

 家ではご飯をほとんど食べないので困っていましたが、きれいに食べた食器の写真をお母さんに見せました。友達と食事をするのは楽しいのでしょう。

叫んでしまう子、動き回ってしまう子は、なかなかお店には入りにくいので、この場は貴重です。手で食べてしまう子がスプーンやフォークなどで食べる練習もできる学びの場でもあります。子ども達が成長をしている姿を見ると嬉しいです」、と。

学びの場としての食堂、当初は考えもしなかった働きを持ってきたようです。「継続は力なり」と言います。続けていくことがまずもって大切だと思いました。




« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »